手漉き和紙の箱

折損じや切れ端の手漉き和紙を使って

手漉き和紙ならではの、

ぬくもりや、あたたかさが伝わる入れ物が作れないものかと

お蚕を包む繭玉をイメージして作ってみました^^

「包む」という漢字は、

「人が子を身ごもっているさまにかたどる」

象形からきているそうです。

訓読みでは、「くるむ」とも読めて

すぐに、産まれた赤ちゃんを大切に包む

「おくるみ」が思い出されました^^

私も若いころ、元気な子が産まれてきますように…と

想いをこめておくるみを編んだものです^^

こちらの箱は、まだ途中ではありますが

(最後にもう一度厚みを見て和紙を張り付けます)。

水引で結んでみますと、

包装紙の原形ともいわれる折形にも見えてきました^^

「包む」という行為が

相手を想うあたたかな心と繋がっているように感じて

あらためて、日本の「包む」文化を

大切に残しておきたいと思いました^^

 

掃く・拭く・磨く

最近では掃除機も進化してとても便利で楽になりました。

でも、時々箒で掃いて、拭いて、磨いてみると

これがとても気持ちがいいのです^^

大きな音もしないですし

部屋の隅々まで目がいきますし

拭いたり磨いたりの動きには、ちゃんと体も連動しますし^^

終わった後は、どこか心が洗われるような、

清々しさを感じます^^

 

叩きでホコリを落とすことは大掃除の時くらいで

今はふき取ってしまっていますが

昔からの叩くも取り入れてもいいかもしれません^^

それから…

今使っている箒と塵取りは

棕櫚の木の箒と和紙の塵取りですが

使っていてもとても気持ちよくて

掃くのが楽しくなります^^

 

 

和ハーブ・ドクダミ 

現在でも庭の片隅や道端で見かけるドクダミ。

繁殖力がとても強いし、独特な匂いから

雑草、厄介者として扱われることが多かった植物ですが

最近では、薬草として脚光を浴びてきているようです。

そして実は、昔から日本の民家の庭に

「庭の薬局」として家族の健康のために

存在してきた薬草なのですね^^

和名は、ジュウヤク(十薬)。

ゲンノショウコ・センブリとともに日本三大薬草。

臭気成分「デカノイルアセトアルデヒド」

強い殺菌作用をもっているのだそうです。

(一般社団法人和ハーブ協会発行 和ハーブ図鑑より)

私も庭に咲いているドクダミを摘んで

人気上昇中のハーブチンキを作ってみました^^

時を超えて日本の庭に生き続ける

実は、とても美しい姿のドクダミに敬意を表して♡

季節の植物

4月には桜

5月はサツキ

6月には紫陽花

7月は朝顔

…などなど^^

夏本番を前に、梅雨を迎える6月は

殺菌作用のある植物や食材も多くあります。

梅や新しょうがを漬けるご家庭も多いのではないでしょうか?^^

またこの時期、植物も生育旺盛で

夏から秋にかけて実を結ぶ、さまざまな樹々には花が咲いています。

ゆず

ドクダミ

古来、私たちは暮らしの中で

植物と長く素敵なお付き合いをしてきているのですね^^

万葉集の花

我が家の小さな庭の金木犀の木の根元に

あれ?と、気づかない間にヒトリシズカが咲きました。

このヒトリシズカ(次嶺つぎね)は

「吉野静」の名でも呼ばれ、吉野山に舞う

静御前の姿に見立てたものといわれているそうです。

(『やまと花万葉』東方出版 参照)

万葉集に詠われてる山野草はたくさんあって

その名前の由来を見てみると

植物とひとの暮らしのつながりをとても感じます^^

そのつながりは、目に見えるようなものではなくて、

心と心がつながるときのような

深いところでのつながりのような気もします。

和の心って…と思うときの心の感じにも似ているような…

そんな気がしています^^

包む

折形礼法の包みや結びって

どこか着物のようだとよく思います^^

以前、ふわふわのクレマチスの種を

仮名書道用紙で包んだところ

おくるみのように感じて、クレマチスの種が

とてもとても愛おしくなったことがあります^^

包みながら

包むのは いのち

想いはそれと近いものがあふれるな…

と感じます^^

千代紙と水引

用があって母を待って過ごす間

やはり足が向いてしまうのは、文具店の和紙コーナー^^

手漉き和紙や、様々な千代紙があって購入してしまいました。

 

特に贈るものも贈る相手も決まっていなかったのですが

練習のためにもと、千代紙でいろいろと折ってみました。

折りながら…

贈る相手がいないまま折るのと

贈る相手を想いながら折るのとでは

少々違いがあるなと思いました。

 

いつか…自分で紙漉きをして、染めて…それを使って

大切な人に、大切な想いを包み贈ってみたいです。

 

心を込めることって、

一つ一つの作業に、誠心誠意丁寧に向き合って行くこと…。

ものではあるのですが、

自然と愛おしさが生まれて行く…。

実際に、日常いろいろなものを包みながら

最近感じているところです^^

和ハーブ カキドオシ ~自然の恵み 

6月に入ると、庭木もどんどん成長して

日曜日になると、手入れをされている方をよく見かけます。

 

写真は庭の雑草なのですが、数ミリほどの小さな花が可愛らしいです^^

写真上の雑草は、紫鷺苔(ムラサキサギゴケ)。

田んぼやあぜ道に多く群生しているそうです。

写真下は、垣通し(カキドオシ)、別名を疳取草(かんとりそう)

今でもお茶として利用されているそうですし、

昔は子供のかんを取る生薬として使われていたそうです!

 

シソや山椒、三つ葉などは日本のハーブとしては一般的ですし、

一見雑草に見えても、ヨモギやたんぽぽなど、

日本でも古くから生命力のある植物を自然の恵みとして

生活の中に用いられていることは知っていましたが

こんなに身近な草花も薬草として利用されてきたことを、初めて知りました^^

体に良いお茶として知られているドクダミも咲いています。

繁殖力が高くて抜いたほうがいいと言われてはいますが、

白い花が綺麗です^^

 

日本の伝統色 ~卯の花色

卯の花色は、雪や白波にもたとえられる

日本の伝統色名のなかでも代表的な白色なのだそうです。

平安時代のかさねの色目は、表白、裏萌黄または、表裏ともに白。

(和の色を愛でる会著「暮らしの中にある日本の伝統色」より)

 

そんな卯の花の白色を見ると、どこか清々しくいつも心洗われるように感じます^^

写真は、ウツギ(卯の花)の八重(5/6のウツギの写真は一重です^^)。

ウツギ(卯の花)~初夏に咲く花 

山吹の花が終わり、隣ではウツギ(空木)が咲き出しました。

卯の花ともいいますが、日本の歌曲「夏は来ぬ」で有名です^^

『卯の花の匂う垣根にホトトギス早も来鳴きて

忍び音もらす 夏は来ぬ』

季節が流れるように咲き出す花に

近年、温暖化による気候の変動が著しい中

なんて自然とは強いのだろうと感じつつも

この美しい流れは、同じ地球に生きるものとして

絶対に護りたいと思わずにはいられません。

 

今年も一生懸命咲いてくれるたくさんの花々に感謝です…。