日本の伝統色 ~卯の花色

卯の花色は、雪や白波にもたとえられる

日本の伝統色名のなかでも代表的な白色なのだそうです。

平安時代のかさねの色目は、表白、裏萌黄または、表裏ともに白。

(和の色を愛でる会著「暮らしの中にある日本の伝統色」より)

 

そんな卯の花の白色を見ると、どこか清々しくいつも心洗われるように感じます^^

写真は、ウツギ(卯の花)の八重(5/6のウツギの写真は一重です^^)。

日本の伝統色 ~山吹色

 

今、山吹の八重が満開です^^

日本の伝統色にもなっている山吹色(やまぶきいろ)がとても綺麗です。

子供の頃遊び場だった山にもこの山吹の花が咲いていたので

どこか懐かしくて植えた花ですが、父がこの山吹を見て

『七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき』

という歌のことを話してくれたことがありました。

室町時代の武将太田道灌が、狩の途中、急の雨に遭い

一軒の貧しい家に立ち寄り雨具を貸してくれるよう頼んだところ

お盆に一枝の山吹の花をのせ

「お恥ずかしゅうございます」と頭を下げたのだそうです。

その意味がわからなかった道灌に、家来のひとりが

古歌『七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき』を

紹介し、「実の」と雨具の「蓑(みの)」をかけて

お貸しする雨具もなく断ったのでしょうと伝えた、という逸話でした。

山吹の花が咲くたびに思い出しています…^^