和ハーブ カキドオシ ~自然の恵み 

6月に入ると、庭木もどんどん成長して

日曜日になると、手入れをされている方をよく見かけます。

 

写真は庭の雑草なのですが、数ミリほどの小さな花が可愛らしいです^^

写真上の雑草は、紫鷺苔(ムラサキサギゴケ)。

田んぼやあぜ道に多く群生しているそうです。

写真下は、垣通し(カキドオシ)、別名を疳取草(かんとりそう)

今でもお茶として利用されているそうですし、

昔は子供のかんを取る生薬として使われていたそうです!

 

シソや山椒、三つ葉などは日本のハーブとしては一般的ですし、

一見雑草に見えても、ヨモギやたんぽぽなど、

日本でも古くから生命力のある植物を自然の恵みとして

生活の中に用いられていることは知っていましたが

こんなに身近な草花も薬草として利用されてきたことを、初めて知りました^^

体に良いお茶として知られているドクダミも咲いています。

繁殖力が高くて抜いたほうがいいと言われてはいますが、

白い花が綺麗です^^

 

バラの花を贈る 

介護士さんのお仕事は、とても大変なお仕事です。

庭先にたくさんのお花を咲かせてくれた、バラのマチルダを見て

「咲きましたね~、きれいですね~」とおっしゃってくださるのでお裾分けしました^^

取っておいた瓶に日ごろの感謝の想いをこめて♡

いつも本当にありがとうございます。

 

※ バラのみを包むときも、木の花ですので水引を結ぶときは片輪。

瓶などまるいものも片輪です^^

卯の花を包む 

風に揺れる卯の花を摘んでしまうのは気が引けましたが

たくさん花をつけてくれたので、少しだけ摘んできて包みました^^

ウツギは漢字で空木と書きますが、枝の中は空洞になっていることから、

空ろ(中身ががらんど=うつろ)→空木となったと言われています。

ウツギのように枝が空洞の植物は、芯まで詰まっているものに比べて枝が軽く

自身の重さを支えるために枝を太くする必要がなく、

根から吸い上げた水や、葉でつくった栄養を枝を長く伸ばすことに集中させ、

軽い枝でもたくさんの花をつけることができるのだそうです。

(NHK趣味の園芸より)

人の心も体も、いろいろ不必要なものを詰め込んでしまっては

卯の花のように、清々しくあることはできないかもしれないと思いました^^

必要ないものや、重い考えはため込まず

軽やかに、純粋に日々ありたいと思います^^

日本の伝統色 ~卯の花色

卯の花色は、雪や白波にもたとえられる

日本の伝統色名のなかでも代表的な白色なのだそうです。

平安時代のかさねの色目は、表白、裏萌黄または、表裏ともに白。

(和の色を愛でる会著「暮らしの中にある日本の伝統色」より)

 

そんな卯の花の白色を見ると、どこか清々しくいつも心洗われるように感じます^^

写真は、ウツギ(卯の花)の八重(5/6のウツギの写真は一重です^^)。

ウツギ(卯の花)~初夏に咲く花 

山吹の花が終わり、隣ではウツギ(空木)が咲き出しました。

卯の花ともいいますが、日本の歌曲「夏は来ぬ」で有名です^^

『卯の花の匂う垣根にホトトギス早も来鳴きて

忍び音もらす 夏は来ぬ』

季節が流れるように咲き出す花に

近年、温暖化による気候の変動が著しい中

なんて自然とは強いのだろうと感じつつも

この美しい流れは、同じ地球に生きるものとして

絶対に護りたいと思わずにはいられません。

 

今年も一生懸命咲いてくれるたくさんの花々に感謝です…。

6/28 つまみ細工ワークショップ 

4月よりはじまりました「和の心を楽しむ会」の第二回目として

つまみ細工ワークショップが6月28日に開催されます^^

お花のつまみ細工のブローチやヘアゴムなど

オリジナルアクセサリーを作成します♪

江戸時代から暮らしの中で親しまれてきたつまみ細工、

平安の時代の重ね色目についてなど、

和の心をナビゲーターみさとさんがお伝えくださいます。

***

『第二回 和の心を楽しむ会 ~日々の暮らしの和心~ 』

日時:2019年6月28日(金)13:15~15:00

会場:恵比寿カルフール

 *JR,日比谷線恵比寿駅より徒歩数分

ご参加費:2000円(材料費、お茶代込み)

定員:8名

お申込み・お問合わせ:こちらのメールフォームからどうぞ。^^

みなさまのお越しを、こころよりお待ちいたしております^^

日本の伝統色 ~山吹色

 

今、山吹の八重が満開です^^

日本の伝統色にもなっている山吹色(やまぶきいろ)がとても綺麗です。

子供の頃遊び場だった山にもこの山吹の花が咲いていたので

どこか懐かしくて植えた花ですが、父がこの山吹を見て

『七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき』

という歌のことを話してくれたことがありました。

室町時代の武将太田道灌が、狩の途中、急の雨に遭い

一軒の貧しい家に立ち寄り雨具を貸してくれるよう頼んだところ

お盆に一枝の山吹の花をのせ

「お恥ずかしゅうございます」と頭を下げたのだそうです。

その意味がわからなかった道灌に、家来のひとりが

古歌『七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき』を

紹介し、「実の」と雨具の「蓑(みの)」をかけて

お貸しする雨具もなく断ったのでしょうと伝えた、という逸話でした。

山吹の花が咲くたびに思い出しています…^^

和の心お茶会

少し前になりますが、

4月14日中高年の愛のワクワク元気会主催の

「日本人の和の心お茶会」の中で、

和の心体験として折形礼法を楽しんでいただきました^^

 

お茶会は、ご参加者11名でしたので、テーマの「和の心」について

さまざまな視点からのシェアで盛り上がっていきました^^

感じられることはさまざまでも、どこか奥のほうで繋がっていて、

みなさんのシェアの先に、日本だけでなく、地球に住む全ての人が

幸せになって欲しいという願い(=母の愛)が感じられました^^

お茶会はみなさまの心に触れることができ、とてもあたたかい会でした^^

みんなで意見を出し合いシェアしあいながら

それぞれの文化を尊重し合うことのできる世界

生きとし生けるものすべてが幸せに暮らすことのできる世界

そこに近づいて行けたらすてきだと思いました。

お茶会の中で体験していただいた折形礼法でも

みなさま、純粋に真心を込めてくださり

とてもあたたかな素敵な時間を共有させていただきました♪

今後私も、しあわせな世界につなげられるような

折形礼法を通してたくさんの方と意見を出し合えるお茶会を

企画していけたらと思っています^^

その際にはぜひ、ご参加いただけたら嬉しいです^^

*感謝*4/8和の心を楽しむ会

4月8日に「和の心を楽しむ会」で

折形礼法の魅力をお伝えさせていただきました^^

お集まりいただいたみなさまは、和の文化にすでに親しんでおられたり

和の心をとても大切にしておられる方々で

折形礼法の体験を通しても、その後のお茶の時間でも

ほんとうに楽しい時間を過ごさせていただきました!

桜の花のもとに、心が一つになるように

和文化、和の心で、同じように自然と心が一つになるのだと

あらためて感じさせていただきました。

ご一緒いただきましたみなさまに心から感謝いたします!

*ありがとうございました*

写真は、みなさまの作品です^^

千代紙を選ぶとき、みなさま少女のようになられている姿が

とても可愛らしかったです^^

とても興味深かったのは、お召しになっている服のお色と

お選びになる千代紙のお色が似ていたことでした^^

またご一緒できる日を、心から楽しみにしています♪

感謝

4/8(月)折形礼法体験~和の心を楽しむ会~

2014より参加している創作神舞の会で

和の心を体験できる講座「和の心を楽しむ会」が始まりました。

その第一回目として折形をみなさんと楽しむことになりました^^

***

「和の心を楽しむ会 ~日々の暮らしの和心~」

折形礼法体験

日時:2019年4月8日(月)13:15~15:00

会場:恵比寿カルフール Aルーム

   *JR恵比寿駅東口より徒歩2~3分、日比谷線恵比寿駅より徒歩数分

ご参加費:2000円(材料費、お茶代込み)

定員:3名

お問い合わせ、お申込みはこちらの申込フォームからどうぞ!