『主人公』

禅語で「主人公」とは、

あらゆる煩悩を取り去った時に出逢える

『自分自身の本来の姿』という意味なのだそうです。

昨年一年間を通して

自然とともにあることの心地よさを

あらためて実感しました。

創作神舞も、折形も、手漉き和紙も

自然と繫がっているから気持ちよく学び続けている。

自然と繫がっていることが私の本来の姿。

ありのままの姿。

他人と比べるようなものではなく

心の奥の奥の奥の、静かで絶対の感覚。心地よさ。

いろいろなことで

本来の姿が見えにくかった今までの社会。

そして

今もほんとうに大変な時期…。

でも、こんな時だからこそ

誰もが、

本来のありのままの自分自身で

少しでも心地よい毎日が過ごせますように…*

そう祈るばかりです。

日々是好日

早いもので、

お正月、人日の節句、鏡開き…と過ぎ、

季節も、小寒から大寒へ向かっています。

*

この時季、冷たい大気の中、

辺りの樹々には、変わることなく

澄んだ蕾が花開いていたり

冬木立ちも、春の準備に膨らんで見えます。

 

この蕾や樹々のように

少しでも周りを明るくできるように

一日一日をありのまま受け入れて

一日一日を良き日としていきたい!

と思いました*

年末年始は、

母と飼い猫が病院のお世話になりました。

医療従事者のみなさまは

年末年始がない方も多いですよね…。

やさしい声をかけていただきホッとしたり

ほんとうにありがたいなぁと思いました。

少しの工夫でケガを防いだり

免疫力をつけて丈夫な体をつくったり

小さな感動、幸せを大切にしたり

良い日々の積み重ねが元気をつくる。

まずは自身から、周りへ、世界へ^^*

 

和の心で創る・和の心でつなぐ

『清明の会』では、舞のお稽古だけではなく

和の心についての勉強会なども行っています。

先日から、伝統的な和のモノ創りをされている職人さんや作家さんから

作品に込められている想いや、和の心についてなどを伺う

インタビュー『和の心で創る・和の心でつなぐ』が始まりました。

 *こちらのつまみ細工の布は茜染めだそうです^^

第一回は、清明の会のメンバーみさとさんのつまみ細工のワークショップに

オーガニックコットンに草木染をした布を提供してくださった

草木染作家、愛生さんからお話しを伺いました。

私も同席させていただいたのですが、

自然や動植物を心から慈しでおられ

すべてを受け入れ、ほんとうに大きな懐で包み込む

お母さんのような愛にあふれていることに感動しました♥

和の心を楽しむ会で実際に布を手にさせていただいたときに

なんとも心地よいものを感じたのですが

そんな愛生さんの想い、生き方、人となりが

作品に宿っていたのだと納得いたしました(*vv*)

こちらのインタビューは、オフィス清明のブログで連載されます。

第一回染物作家愛生さんのインタビューは

6回に分けて連載されますのでぜひご覧くださいませ^^

 

オフィス清明では、ミンネみつたまや

   和の心を楽しむ会などの活動を紹介しています^^

心と体のバランス

毎月2回、創作神舞を楽しむ『清明の会』の

舞のお稽古に参加しています^^

お稽古では、祭祀舞、創作神舞、の練習の前には

体幹を鍛える基本的なエクササイズを行ったり

雅楽や舞楽の動き、また、日本人ならではの身のこなしなども

教えていただいています。

 

このところ、そのお稽古を通して

肉体の問題点が如実に表れるのを感じています。

想像以上に問題点がわかってしまうのにはびっくりです(@.@)

普段の姿勢の偏り、癖が、肉体のバランスを崩してしまうこと

意識が散漫だったりして体の軸が安定しないこと。

「腹が据わる」という言葉がありますが

丹田をしっかり意識することが、

いかに心と体のバランスに大切なことかわかります。

心と体、心身を鍛える剣道、柔道、弓道、などと同じように

舞の世界も心(精神)と肉体と両方のバランスが大事なようです^^

 

※  清明の会では、発表会や体験会なども催してきました。

現在はなかなか開催は難しい状況下ですが

また落ち着いて開催しました折には、よろしかったら、ぜひ参加して

心と体のバランスを感じてみてくださいね^^

みつたまお正月セット~幸せの食卓~

創作神舞の手作り好きな仲間とのコラボで、

お正月の食卓用に、水引の箸置きと、

手漉き和紙の箸袋とランチョンマットのセットを作りました^^

箸置きは、メンバーのみさきさんが作成されました。

紅白の水引であわび結びをアレンジした

とても素敵なミニしめ縄風箸置きです^^

箸置き以外にも使えるかもしれませんね^^

私は箸袋とランチョンマットを担当しました。

先日ご紹介しました、

手漉き和紙工房 紙漉処柚庵さんで修行して(笑)

初めて漉いた感動の和紙を使いました^^

紙漉処柚庵さんは、すべての原料に薬品を使われないので

私の初めての手漉き和紙でも

自然なあたたかさはお伝えできるのでは…と思います^^

初めて体験させていただいた時の喜びと

楽しかった一回一回の時間も詰まっております(*vv*)

ランチョンマットは、

日本の色(暖色系)のもみ和紙金銀振りに、

紙漉処柚庵さんから、見本だったものや

NGだったということで分けていただいた中から

透かし模様の和紙(紅花入り)を選び貼り付けました。

その上に、和帖づくりの時に教えていただいた、

こんにゃく糊を上塗りしました。

こんにゃく糊を作っているときに、

飼い猫2匹が舐めに来たのには困りましたけど

ちょっと嬉しかったです^^

(安全なものを使っているという喜び♪^^)

こちらはミンネみつたまで販売させていただいていますので

よろしかったらご覧ください^^

今年もあと10日。。大変な一年ではありましたが、

人とのつながりのありがたさも

実感できた一年だったように思います。

そして今日は、冬至。

日に日に日照時間も延びて、明るい春が近づいてきます^^

一陽来復

来年、世界中が明るくしあわせになっていきますようにと

心からの願いをこめて☆

小さな和心クリスマス^^

創作神舞を楽しむ会の手作りが大好きなメンバー同士で

クリスマス用のセットを創りました^^

クリスマスオーナメントですが、水引とつまみ細工で作ってあるので

どこか和の雰囲気を感じます^^

オーナメントは、ストラップとしてもお使いいただけるものです。

小さな和心クリスマスを身に着けることもできそうです♪

私も、張子の要領で作った箱で仲間入りしました^^

お二人が心をこめて作った素敵なオーナメントを

やさしく包めますように…*

と想いをこめて。

 

こちらは、ギャラリーみつたま で

クリスマスセットとして販売しています。

☆水引オーナメント

・星形(金銀):全長約10cm、水引パーツ部分約 3cm、

スワロフスキークリスタル3個

・星形(赤緑):全長約11cm、水引パーツ部分約 3.5cm

・リース型:全長約12cm、水引パーツ部分約4.5cm

スワロフスキークリスタル4個

☆つまみ細工オーナメント

・花の部分:直径 4.5cm ストラップ

5cm花の素材:綿100%

☆箱

今回は葉書を入れる木の箱を型にしました^^

外側は手漉きの落水紙使用。全体約22cmx14cmx3cmです。

クリスマスセット 販売価格 2,500円です。

 

ギャラリーみつたま便り」では、

他の作品についてのお話も載せていますので

よろしかったら覗いてみてくださいね^^

紙漉きと和帖づくり体験①

10月半ばから11月の頭にかけて、以前工房を見学させていただいた

紙漉処柚庵で紙漉きと、漉いた和紙を使っての

和帖づくりという、とても贅沢な体験をしてまいりました。

紙漉処柚庵さんが漉かれる和紙は、

私が手漉き和紙に惹かれた原点のような和紙。

ほんとうに自然で温もりのある風合いが大好きです(*vv*)

薬剤を一切使用されていないので

体験していてもとても心地よいものでした。

薬剤で漂白されていない、自然なままの白色は

生成り色というのでしょうか?

自然の営みが想像できるような気がします^^

体験ですから、実際の工程のほんの一部分ではありますが

手漉き和紙ができるまでに

相当な労力と時間がかかるものだとあらためて感じました!

また後日になりますが、工程のほんの一端と

胡桃の葉で染めた和紙を使っての和帖づくりの様子も

徐々にご紹介したいと思います^^

ほんとうに楽しい体験でした^^

 

手漉き和紙の箱

折損じや切れ端の手漉き和紙を使って

手漉き和紙ならではの、

ぬくもりや、あたたかさが伝わる入れ物が作れないものかと

お蚕を包む繭玉をイメージして作ってみました^^

「包む」という漢字は、

「人が子を身ごもっているさまにかたどる」

象形からきているそうです。

訓読みでは、「くるむ」とも読めて

すぐに、産まれた赤ちゃんを大切に包む

「おくるみ」が思い出されました^^

私も若いころ、元気な子が産まれてきますように…と

想いをこめておくるみを編んだものです^^

こちらの箱は、まだ途中ではありますが

(最後にもう一度厚みを見て和紙を張り付けます)。

水引で結んでみますと、

包装紙の原形ともいわれる折形にも見えてきました^^

「包む」という行為が

相手を想うあたたかな心と繋がっているように感じて

あらためて、日本の「包む」文化を

大切に残しておきたいと思いました^^

 

掃く・拭く・磨く

最近では掃除機も進化してとても便利で楽になりました。

でも、時々箒で掃いて、拭いて、磨いてみると

これがとても気持ちがいいのです^^

大きな音もしないですし

部屋の隅々まで目がいきますし

拭いたり磨いたりの動きには、ちゃんと体も連動しますし^^

終わった後は、どこか心が洗われるような、

清々しさを感じます^^

 

叩きでホコリを落とすことは大掃除の時くらいで

今はふき取ってしまっていますが

昔からの叩くも取り入れてもいいかもしれません^^

それから…

今使っている箒と塵取りは

棕櫚の木の箒と和紙の塵取りですが

使っていてもとても気持ちよくて

掃くのが楽しくなります^^

 

 

トロロアオイの花

6月初めに種を蒔いたトロロアオイの花が

9月半ばごろから花芽ができはじめ、

本日、初めて花を摘み食べてみました^0^

 

さっと茹でて、ミョウガ、きゅうり、三つ葉と

昆布出汁で和えてみました。

私は生の花びらのほうが、甘くて美味しく感じました^^

生のままサラダにしても美味しいとのことですので

次回はサラダで頂いてみます^^

手漉き和紙には、このトロロアオイの根っこがネリに使われるとのことで

花芽が出たら摘み取る作業をされるそうです^^