『主人公』

禅語で「主人公」とは、

あらゆる煩悩を取り去った時に出逢える

『自分自身の本来の姿』という意味なのだそうです。

昨年一年間を通して

自然とともにあることの心地よさを

あらためて実感しました。

創作神舞も、折形も、手漉き和紙も

自然と繫がっているから気持ちよく学び続けている。

自然と繫がっていることが私の本来の姿。

ありのままの姿。

他人と比べるようなものではなく

心の奥の奥の奥の、静かで絶対の感覚。心地よさ。

いろいろなことで

本来の姿が見えにくかった今までの社会。

そして

今もほんとうに大変な時期…。

でも、こんな時だからこそ

誰もが、

本来のありのままの自分自身で

少しでも心地よい毎日が過ごせますように…*

そう祈るばかりです。

日々是好日

早いもので、

お正月、人日の節句、鏡開き…と過ぎ、

季節も、小寒から大寒へ向かっています。

*

この時季、冷たい大気の中、

辺りの樹々には、変わることなく

澄んだ蕾が花開いていたり

冬木立ちも、春の準備に膨らんで見えます。

 

この蕾や樹々のように

少しでも周りを明るくできるように

一日一日をありのまま受け入れて

一日一日を良き日としていきたい!

と思いました*

年末年始は、

母と飼い猫が病院のお世話になりました。

医療従事者のみなさまは

年末年始がない方も多いですよね…。

やさしい声をかけていただきホッとしたり

ほんとうにありがたいなぁと思いました。

少しの工夫でケガを防いだり

免疫力をつけて丈夫な体をつくったり

小さな感動、幸せを大切にしたり

良い日々の積み重ねが元気をつくる。

まずは自身から、周りへ、世界へ^^*