手漉き和紙の箱

折損じや切れ端の手漉き和紙を使って

手漉き和紙ならではの、

ぬくもりや、あたたかさが伝わる入れ物が作れないものかと

お蚕を包む繭玉をイメージして作ってみました^^

「包む」という漢字は、

「人が子を身ごもっているさまにかたどる」

象形からきているそうです。

訓読みでは、「くるむ」とも読めて

すぐに、産まれた赤ちゃんを大切に包む

「おくるみ」が思い出されました^^

私も若いころ、元気な子が産まれてきますように…と

想いをこめておくるみを編んだものです^^

こちらの箱は、まだ途中ではありますが

(最後にもう一度厚みを見て和紙を張り付けます)。

水引で結んでみますと、

包装紙の原形ともいわれる折形にも見えてきました^^

「包む」という行為が

相手を想うあたたかな心と繋がっているように感じて

あらためて、日本の「包む」文化を

大切に残しておきたいと思いました^^

 

掃く・拭く・磨く

最近では掃除機も進化してとても便利で楽になりました。

でも、時々箒で掃いて、拭いて、磨いてみると

これがとても気持ちがいいのです^^

大きな音もしないですし

部屋の隅々まで目がいきますし

拭いたり磨いたりの動きには、ちゃんと体も連動しますし^^

終わった後は、どこか心が洗われるような、

清々しさを感じます^^

 

叩きでホコリを落とすことは大掃除の時くらいで

今はふき取ってしまっていますが

昔からの叩くも取り入れてもいいかもしれません^^

それから…

今使っている箒と塵取りは

棕櫚の木の箒と和紙の塵取りですが

使っていてもとても気持ちよくて

掃くのが楽しくなります^^

 

 

トロロアオイの花

6月初めに種を蒔いたトロロアオイの花が

9月半ばごろから花芽ができはじめ、

本日、初めて花を摘み食べてみました^0^

 

さっと茹でて、ミョウガ、きゅうり、三つ葉と

昆布出汁で和えてみました。

私は生の花びらのほうが、甘くて美味しく感じました^^

生のままサラダにしても美味しいとのことですので

次回はサラダで頂いてみます^^

手漉き和紙には、このトロロアオイの根っこがネリに使われるとのことで

花芽が出たら摘み取る作業をされるそうです^^