和ハーブ・ドクダミ 

現在でも庭の片隅や道端で見かけるドクダミ。

繁殖力がとても強いし、独特な匂いから

雑草、厄介者として扱われることが多かった植物ですが

最近では、薬草として脚光を浴びてきているようです。

そして実は、昔から日本の民家の庭に

「庭の薬局」として家族の健康のために

存在してきた薬草なのですね^^

和名は、ジュウヤク(十薬)。

ゲンノショウコ・センブリとともに日本三大薬草。

臭気成分「デカノイルアセトアルデヒド」

強い殺菌作用をもっているのだそうです。

(一般社団法人和ハーブ協会発行 和ハーブ図鑑より)

私も庭に咲いているドクダミを摘んで

人気上昇中のハーブチンキを作ってみました^^

時を超えて日本の庭に生き続ける

実は、とても美しい姿のドクダミに敬意を表して♡

トロロアオイ

昨年、手漉き和紙の町、小川町にある

埼玉伝統工芸会館さんへ行ったときに

店頭で頂いたトロロアオイの種から芽が出ました^^

トロロアオイは、手漉き和紙を作るときに

ねりの役目をするのだそうです(根っこにある粘りの成分で)。

花はオクラの花のように、透き通った黄色い花が咲きます^^

手漉き和紙ができあがるまでには

ほんとにたくさんの工程があるようですが

トロロアオイ栽培もその一つ。

和紙を作るにはまったく足りないかもしれませんが

ほんの少しだけ、参加しているような気持ちになりました。

しっかり育ってくれるように見守ろうと思います^^

季節の植物

4月には桜

5月はサツキ

6月には紫陽花

7月は朝顔

…などなど^^

夏本番を前に、梅雨を迎える6月は

殺菌作用のある植物や食材も多くあります。

梅や新しょうがを漬けるご家庭も多いのではないでしょうか?^^

またこの時期、植物も生育旺盛で

夏から秋にかけて実を結ぶ、さまざまな樹々には花が咲いています。

ゆず

ドクダミ

古来、私たちは暮らしの中で

植物と長く素敵なお付き合いをしてきているのですね^^