万葉集の花

我が家の小さな庭の金木犀の木の根元に

あれ?と、気づかない間にヒトリシズカが咲きました。

このヒトリシズカ(次嶺つぎね)は

「吉野静」の名でも呼ばれ、吉野山に舞う

静御前の姿に見立てたものといわれているそうです。

(『やまと花万葉』東方出版 参照)

万葉集に詠われてる山野草はたくさんあって

その名前の由来を見てみると

植物とひとの暮らしのつながりをとても感じます^^

そのつながりは、目に見えるようなものではなくて、

心と心がつながるときのような

深いところでのつながりのような気もします。

和の心って…と思うときの心の感じにも似ているような…

そんな気がしています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)