千代紙と水引

用があって母を待って過ごす間

やはり足が向いてしまうのは、文具店の和紙コーナー^^

手漉き和紙や、様々な千代紙があって購入してしまいました。

 

特に贈るものも贈る相手も決まっていなかったのですが

練習のためにもと、千代紙でいろいろと折ってみました。

折りながら…

贈る相手がいないまま折るのと

贈る相手を想いながら折るのとでは

少々違いがあるなと思いました。

 

いつか…自分で紙漉きをして、染めて…それを使って

大切な人に、大切な想いを包み贈ってみたいです。

 

心を込めることって、

一つ一つの作業に、誠心誠意丁寧に向き合って行くこと…。

ものではあるのですが、

自然と愛おしさが生まれて行く…。

実際に、日常いろいろなものを包みながら

最近感じているところです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です