卯の花を包む 

風に揺れる卯の花を摘んでしまうのは気が引けましたが

たくさん花をつけてくれたので、少しだけ摘んできて包みました^^

ウツギは漢字で空木と書きますが、枝の中は空洞になっていることから、

空ろ(中身ががらんど=うつろ)→空木となったと言われています。

ウツギのように枝が空洞の植物は、芯まで詰まっているものに比べて枝が軽く

自身の重さを支えるために枝を太くする必要がなく、

根から吸い上げた水や、葉でつくった栄養を枝を長く伸ばすことに集中させ、

軽い枝でもたくさんの花をつけることができるのだそうです。

(NHK趣味の園芸より)

人の心も体も、いろいろ不必要なものを詰め込んでしまっては

卯の花のように、清々しくあることはできないかもしれないと思いました^^

必要ないものや、重い考えはため込まず

軽やかに、純粋に日々ありたいと思います^^