6/28 つまみ細工ワークショップ 

4月よりはじまりました「和の心を楽しむ会」の第二回目として

つまみ細工ワークショップが6月28日に開催されます^^

お花のつまみ細工のブローチやヘアゴムなど

オリジナルアクセサリーを作成します♪

江戸時代から暮らしの中で親しまれてきたつまみ細工、

平安の時代の重ね色目についてなど、

和の心をナビゲーターみさとさんがお伝えくださいます。

***

『第二回 和の心を楽しむ会 ~日々の暮らしの和心~ 』

日時:2019年6月28日(金)13:15~15:00

会場:恵比寿カルフール

 *JR,日比谷線恵比寿駅より徒歩数分

ご参加費:2000円(材料費、お茶代込み)

定員:8名

お申込み・お問合わせ:こちらのメールフォームからどうぞ。^^

みなさまのお越しを、こころよりお待ちいたしております^^

日本の伝統色 ~山吹色

 

今、山吹の八重が満開です^^

日本の伝統色にもなっている山吹色(やまぶきいろ)がとても綺麗です。

子供の頃遊び場だった山にもこの山吹の花が咲いていたので

どこか懐かしくて植えた花ですが、父がこの山吹を見て

『七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき』

という歌のことを話してくれたことがありました。

室町時代の武将太田道灌が、狩の途中、急の雨に遭い

一軒の貧しい家に立ち寄り雨具を貸してくれるよう頼んだところ

お盆に一枝の山吹の花をのせ

「お恥ずかしゅうございます」と頭を下げたのだそうです。

その意味がわからなかった道灌に、家来のひとりが

古歌『七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき』を

紹介し、「実の」と雨具の「蓑(みの)」をかけて

お貸しする雨具もなく断ったのでしょうと伝えた、という逸話でした。

山吹の花が咲くたびに思い出しています…^^

和の心お茶会

少し前になりますが、

4月14日中高年の愛のワクワク元気会主催の

「日本人の和の心お茶会」の中で、

和の心体験として折形礼法を楽しんでいただきました^^

 

お茶会は、ご参加者11名でしたので、テーマの「和の心」について

さまざまな視点からのシェアで盛り上がっていきました^^

感じられることはさまざまでも、どこか奥のほうで繋がっていて、

みなさんのシェアの先に、日本だけでなく、地球に住む全ての人が

幸せになって欲しいという願い(=母の愛)が感じられました^^

お茶会はみなさまの心に触れることができ、とてもあたたかい会でした^^

みんなで意見を出し合いシェアしあいながら

それぞれの文化を尊重し合うことのできる世界

生きとし生けるものすべてが幸せに暮らすことのできる世界

そこに近づいて行けたらすてきだと思いました。

お茶会の中で体験していただいた折形礼法でも

みなさま、純粋に真心を込めてくださり

とてもあたたかな素敵な時間を共有させていただきました♪

今後私も、しあわせな世界につなげられるような

折形礼法を通してたくさんの方と意見を出し合えるお茶会を

企画していけたらと思っています^^

その際にはぜひ、ご参加いただけたら嬉しいです^^

*感謝*4/8和の心を楽しむ会

4月8日に「和の心を楽しむ会」で

折形礼法の魅力をお伝えさせていただきました^^

お集まりいただいたみなさまは、和の文化にすでに親しんでおられたり

和の心をとても大切にしておられる方々で

折形礼法の体験を通しても、その後のお茶の時間でも

ほんとうに楽しい時間を過ごさせていただきました!

桜の花のもとに、心が一つになるように

和文化、和の心で、同じように自然と心が一つになるのだと

あらためて感じさせていただきました。

ご一緒いただきましたみなさまに心から感謝いたします!

*ありがとうございました*

写真は、みなさまの作品です^^

千代紙を選ぶとき、みなさま少女のようになられている姿が

とても可愛らしかったです^^

とても興味深かったのは、お召しになっている服のお色と

お選びになる千代紙のお色が似ていたことでした^^

またご一緒できる日を、心から楽しみにしています♪

感謝