お正月の準備 ~心を整えて

↑写真上段、雄蝶*雌蝶
(雄雌の違いは上の△の部分が前面に盛り上がっているか(雄)、
凹んでいるか(雌)だけです)
下段左と中央、ポチ包み。右(大小)、木の花包み。

↑右:長柄銚子*左:提子(「包みの記Ⅱより」)
*ひな人形の三人官女が持っているお道具です。

最後の折形教室では、お正月用に

雄蝶(おちょう)雌蝶(めちょう)(伊勢貞丈の包結の図説に従って)

木の花包みとポチ包み(折形デザイン研究所オリジナル)を教えていただきました。

銚子と提子に飾り付けるものですが、とても細かい作業を伴っていて

綺麗に作り上げる技術習得には、何回もの繰り返しの挑戦が必要だと思いました^^;

でも…出来は悪くても自分が作った蝶は可愛くなるものです。ふしぎ^^

そして、また、自然界に生きる小さいものが愛おしく感じられてきました^^

我が家では喪中のため正月飾りはしませんが

新しい年にむけて、気持ちはしっかりと整えて行きたいと思います。

新しい年がすべての生きとし生けるものにとって

明るく幸多きものとなりますように・・・*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です