かんながらの道

折形には、神道(自然信仰)が背景にあるようです。

折形に出合うまでは、あまり身近なものとしてとらえていなかったのですが、

のし袋にも見られるように、実は、私たちの暮らしの中や物事の見方にも

しっかりと根付いているものだったということがわかりました。

毎年神社にお参りに行くのに、身近でないはずはないですね^^

自然を愛で、自然とともにあろうとする私たち日本人の

DNAに組み込まれているものなのかもしれません^^

そんな神道のことばに、惟神(かんながら)というものがあります。

かんながら(かむながら)を広辞苑で引きますと、

「な」は格助詞の「の」に同じ、「から」は性質の意。

① 神でおありになるまま。神として。

② 神の御心のままで人為を加えない様。

※人為とは、自然の状態に人が手を加えること。

とありました^^

では、「自然な状態」とはどういうことなのか…

「自然」についても調べてみましたら

「おのずからそうなっているさま。人為の加わらぬさま」「本質、本性」

「人間を含めて天地間の万物。宇宙」というものがありました。

ということは、「かんながら」とは、

ありのままの状態、本質ということになり

かんながらの道とは、それに至る道ということになるでしょうか。

さて、私たち人としての本質、自然なありのままの姿とは

どういうものなのか…?

この世に生を受け忙しい社会の一員となっていく段階で、

私たちはいろいろな感情を纏い、本質から離れてしまっている気もします。

そして、私たちの住む、この地球の自然なありのままの状態とは?

 

どうしたらもとのありのままの姿になれるのか…

本質、本来の姿に戻っていく、戻していく…。

今、世界が混沌としている中、このことを考えるのはとても大切だと感じます。

折形の奥深い背景を通して、自身の体験を通して

少しずつ考えてみようと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です