感謝

 

父が他界した折、特別信仰している宗教はないのですが

セレモニーの一環として納棺の儀、旅支度というものに立ち会いました。

清められた父のからだに、丁寧に、丁寧に

親族一人一人が、足袋、脚絆、手甲などをつけていくその場は、

とても神聖で美しい空間でした。

命とは、ほんとうは、

生ある間、向かい合ったもう一つの命のために、

あらゆる姿を通して、あるべき姿を示してくれる、

とても、とても尊い存在なのだと、あらためて思いました。

父もその一つの大切な命でした。

純粋に、純粋に、「感謝」がこころの中に響き渡る中

命の源へとおくり出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です