折形の基本のこと

白い一枚の和紙を前に、和紙の上側を「天」、下側を「地」として

自身の体をその中央に座するように向かい

天と地は絶対に動かさないように、常に正中を守り

(相手が右から開くであろうことを思って)

左手側から右手側が前になるように折っていく。

一枚の和紙をただ折るというだけの行為ではありますが、

天と地をつないでいる意識が、目には見えないですが

贈る相手に想いを込める、とても神聖な空間を創り出します。

実際にこのように折ってみると、心とからだが連動していることや、

意識することの大切さを体感することができます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です